top of page
  • スタッフ

【微生物から学ぶ講座】11月12日微生物編⑦開催!



佐賀大学名誉教授の染谷孝先生をお招きし、微生物編の7回目の講座を実施しました。

「シベリアの時限爆弾〜功罪半ばのメタン生成菌〜」というタイトルで、メタン生成菌という有機物からメタンガスを作り出す、次世代のエネルギーになる可能性を秘める菌についてお話しいただきました。


ご参加いただいた方の感想を一部ご紹介します。


・気温が上がり微生物の活動が活性化することで、シベリアの泥炭から温暖化ガスであるメタンが生成され、それがまた温暖化を加速するという「負の雪だるま減少」にはぞっとします。エコ消費や容器包装の選択など日々の生活を通じて、また環境・エネルギー政策の議論への参加を通じて、微生物の力をうまく取り入れた資源循環のサイクルを参画していきたいと思います。

・シベリアのメタン問題からエネルギー資源問題まで食糧自給率から紐解く現状に様々なアイデアを頂きました。由々しき問題だと気付きました。なんとかせんといかん!





次回の講義は、11月19日㈯ひとづくり編の2回目です。 アーカイブでの受講もできますので、気になる方は下記のURLをご覧いただき、指定のGoogleフォームから参加申込みをお願いします。 https://www.100nenbond.com/post/biseibutsukouza

本事業は、ジャンピアの支え合う休眠預金事業の助成金をいただいて、運営しています。 #休眠預金#JANPIA#支え合うあう多様なコミュニティづくり支援

閲覧数:36回

Comments


bottom of page